Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 障害児親でよかったな、と思う時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナと一緒にいると、イラっとした事がおきても、まあ、いっかあ、、、と許せる気持ちになる*^^*

先日の川遊びの時の話なんだけど、

ヒナと一緒に川遊びをしていたら、

3~4歳くらいの男の子が、

ヒナに向かってバシャバシャと水を投げかけてきたのね。

何度も、何度も。

明らかにヒナを狙って。


側に親御さんもいないようだし、

誰も注意する人もいない。


あまりにしつこく水をかけてくるもんだから、

いい加減これは言わなダメかな~ と思ったんだけど

(大人げないかもだけど、もしヒナの口から水が入って誤嚥でもしたら、大変なことになるので… 水遊び場だから、入っちゃう事はあるかもしれないし、その危険性は覚悟して遊ばせてるけど、さすがにわざと水をかけてくるのは困る思った)


でもね、水をかけられた当の本人のヒナは、

水をかけられても、顔に水がかかっても、

ニッコニッコしてるのね。


そんなヒナの姿をみていたら、

ああ、私ってば、なにをくだらない事にそんなにイラっとしたんだろう。

水をかけられた当の本人は笑ってるじゃないか… と思ったら、

なんかもう、どうでもよく思えてきて。

その子を怒る気もうせて。


よくよく考えたら、

もしかしたら、その子は、

ヒナが喜ぶ姿をみて、

何度も何度も水をかけてきたのかもしれない。


それを、私が母親目線から、

うちの大事な娘タンに何をするの!って逆上して、


見えるものも見えなかったのかもしれないな~

見えるものを見ようとしなかったのかもしれないな~ って。

ちょっぴり反省…


本当に、ヒナは私にいろいろな事を教えてくれる。

ヒナはたぶん、いじめにあってもニコニコと笑ってるんだろうなあ…

いじめられてる事にも気ずかずに。

他人を恨んだり憎んだりとか、絶対にないんだろうなあ…


そう思うと、

ヒナの生き方って、すごくうらやましいなあ~ って思えてきて。

小さな事にイラッとしてる私の人生がすごくつまらないものに思えてきて。


そんなヒナと一緒にいると、

こっちまで心が広くなれそうな気がする


このヒナの笑顔みせられたら、

たいていの事は まあいっかあ・・・ って許せる気持ちになる


20120826_080805.jpg

スポンサーサイト

ヒナの事を「妹さん?」って聞かれた((((;゚Д゚))))ヒナママ、高校生に間違えられる(TT)

先日御岳登山では、いろいろな人に出会った。

いつもの通り、たくさんの方が手を差し伸べてくださった


急な坂道、登ったはいいけど、登りより下りの方が大変で

ヒナがおちないように、後ろ向きに下っていたら、下から登ってきたおじいさんが、手伝ってくださった

「せっかく下から登ってきたところなのにすみません~」と謝ったら、

「いいよいいよ、何度も来てる場所だから」 って。

「健脚ですね~!!呼吸全然乱れてないですものね、私なんてこの坂ちょっと登っただけではあはあいってますよ~」

って言ったら、

おじいちゃん、「いや、あんたはえらいよえらいよ」って何度もおっしゃってくださって


とりあえず、おじいちゃんにありがとうございますとあいさつして別れて、

そしたらまた今後は、別のファミリーが声をかけてくださった

赤ちゃんづれの若いファミリーで、旦那さんが赤ちゃんを背負ってたんだけど、

奥さんの方が、私の荷物を持ってくださって

ヒナの荷物がいっぱい入ってるから、重いのに、、、

本当に感謝感謝の一日でした。


それからこの日一番の笑いネタが、

頂上にいたおじさんに、

妹さん連れてきたの?えらいねー」って言われた

妹???… もしかして、ヒナの事???

「いや、あたしの子供です^^;」って言ったら、おじさん、

「えらく早いね~」 って。

「え!?おじさん、あたしいくつだと思ってるんですか?」って聞いたら、

「高校生くらいかと思った」って・・・

確かに、すっぴんノーメイクだったし、髪も染めてないから、

純朴な(笑)高校生に見えたのかもしれないけど、、、

う~ん それより、着てる服も安物だから、

お金のない高校生と思われたのかも。。。

若く見られたぜ ひゃほーい とか思ってる場合じゃないよなあ…  あまり嬉しくない

20120506_115320_2.jpg

今回の旅でお世話になった方々(2)急な坂道を「危ないから」と車椅子を押してくださったおじ様。

先週、久遠寺では

久遠寺から駐車場までの帰り道が、急な下り坂で

車椅子を押しながらだと、

ヒナが車椅子から落ちそうになるくらい急で、

しかも車椅子が走りださない様にヒナと車椅子を必死におさえつけながら

ヒナがおちないように後ろ向きで坂道を下ってたのだけど、

これが結構大変で四苦八苦しながら坂道をくだってたら、

側で心配そうに見ていたおじ様が

「押してやるよ」と声をかけてくださった


ありがたくお言葉に甘えさせていただいて、

私が車椅子の前を歩き、車がこないか誘導して、

おじ様が坂道を下まで車椅子を押してくださった


本当に本当にありがとうございます、と

めいいっぱいの感謝をのべさせていただくと、

少し照れながらおじ様、

「じゃあ、気をつけてな」と。

温かい気持ちで、久遠寺を発つ事ができました


おかげでこんなにキレイな景色を見る事ができました

1333771804710.jpg

今回の旅でお世話になった方々(1)夜明け前の暗い中、駐車場まで案内してくださったカメラマン。

今月は、山梨方面に集中して桜をみにいったのだけど、

本当に、いろいろな方にお世話になった。

名前も知らない見知らぬ方々だったけど、

感謝してもしきれないので、

感謝の気持ちを、ここでのべさせて いただきます


今回実相寺では、

ついたのが夜明け前と言う事もあって、

看板がよく見えず、駐車場の場所にまよっていたら、

カメラマン?とおぼしきかたが大きな機材を担いで車を停めて支度をしていたので、

声をかけて、「すみません、駐車場の場所ご存じですか?」って聞いてみた。

カメラマンとおぼしきかた、

撮影に何度も訪れてるようで、

「ああ、そこを左に曲がって…」と、親切丁寧に教えてくださった

とりあえず、5分ほど走ったところで、無事駐車場に到着。

夜明けまでまだ時間があるし、

車をとめてさあ、仮眠… と思って仮眠をしていたら、

車の窓ガラスを、トントン、と叩く音。


さっきのカメラマンだった。

「ここの駐車場より、もっと奥の、あっちの駐車場の方が神代桜から近いですよ」と。

わざわざ、車をおいかけてきてくれたのだ。

夜明け前の、真冬並みの寒さの中を。

さっきの場所からだと、20分くらいは歩いてこられたのだと思う。

本当に、何から何まで、ひとつひとつ、親切丁寧に教えてくださって、

感謝感謝でした


おかげで楽しい旅になったよ~

1334458794503.jpg

声をかけて手伝ってもらう方が嬉しいのか。声をかけずとも手伝ってもらう方が嬉しいのか。

昨日出会った老夫婦の話を。


不老園にせっかく来たからには、

一番の見どころ、梅天神のしだれ梅を見たいよな~ と思って、

ヒナを担いで階段を登ることにした。


まずは、車椅子を置いて、ヒナを抱っこして階段を上る。

上に東屋があったので、そこにヒナを寝かせて、おちないようにと、

東屋にいたカに声をかけて、ヒナを見ててもらう事にした。


その間に、次は車椅子をとりにいかなきゃ・・・ と思ったら、

通りすがりの老夫婦が車椅子を担いで階段を上って来てくれた


60過ぎのご夫婦だったと思う、

足場の悪い岩の階段を、

7~8kgはあるであろう車椅子を担いで持ってきてくれたんだよね


頼んだわけじゃないのに。

黙って手を貸してくれたご夫婦。


おそらく、階段の下で私がうろうろどうしようどうしよう挙動不審ってた(笑)のを見て、

手を貸してあげようと思われたのだろうか、

何も言わずとも自ら手を貸してくださったこの老夫婦の御厚意が、すごくうれしかった。


帰りも、私達がひととおり見終わるまで待っててくださったみたいで、

「降りますか?」って声をかけてくださって。


このご夫婦の御厚意が、

本当に、素直に嬉しかった


自分から声をかけて、手助けしてもらう方が嬉しいのか。

声をかけずとも手助けしてもらえる方が嬉しいのか。


どちらも、ご厚意には変わらない。

比べる事なんてできないけど。


それでも、

こちらから声をかけて手助けしてもらうってのは、

なかなか言い出せないし、さすがの私も躊躇してしまう事が多々ある。


そんなときに、

「手伝いましょうか」とか声をかけていただいたり、

何も声をかけずとも黙って手助けしてくれたりする、

他人のご厚意ってのは、

ものすごく嬉しいものがある。


ヒナのめいいっぱいの笑顔も、他人様のご厚意のおかげでもあるんだよね

20120318120648.jpg

プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。