Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 記事)節電は強制か自主努力か?医療におきかえて考える「最適な判断」の難しさ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事)節電は強制か自主努力か?医療におきかえて考える「最適な判断」の難しさ

節電は強制か自主努力か?医療におきかえて考える「最適な判断」の難しさ

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/6228

(以下転載)

月の計画停電実施の際には、さいたま赤十字病院(埼玉県さいたま市)で、停電のため交通事故の救急患者に対応できない事態が生じました。

 医療においては電力がストップすると、それが直接命に関わるケースも考えられます。それだけに、私はこの夏の計画停電が回避されることを切に祈っています。

 4月10日に東京都知事選挙で4選を果たした石原慎太郎知事は、会見で「パチンコやる人は我慢しなさい、自動販売機なんかなくたって生きていける」と節電対策の持論を展開しました。

 一方、蓮舫節電啓発担当大臣は「経済活動に影響が出るものを権力で要請する」ことに疑問を呈しました。石原都知事とは対照的に、各企業が自主的な節電努力で対処すべきだ、とする立場です。

 石原都知事と蓮舫大臣のどちらの主張が正しいのでしょうか。

 医療に置き換えて考えてみましょう。実は医療においても似たような対立の構造が起こり得るのです。

防衛医療には「正の方向」と「負の方向」がある

 医療には「防衛医療」という概念があります。

 医師が、医療過誤(医療ミス)による損害賠償責任や刑事責任を追及される危険性を減らすために、追加の検査や治療や診療を命じたり、あるいは高リスク患者や治療を忌避することを指します。

 石原都知事も蓮舫大臣も電力不足を解決しようとする目標は同じですが、その方策は真っ向から異なります。防衛医療の概念に当てはめると、石原都知事は「正の方向」の防衛医療の方策、蓮舫大臣は「負の方向」の防衛医療の方策に重なって見えるのです。

石原都知事の主張するように、強制的にパチンコと自動販売機の使用を制限する政令を実施すれば、確かに電力不足を乗り切ることはできるでしょう。

 これは医療においては、不測の事態を避けるために、追加の(そして、やや過剰な)検査や治療を行うことを強いる「正の方向」の防衛医療寄りの対策です。

 一方、蓮舫大臣が言うように、権力での要請を行わず、自主的な節電努力で対処する方式だと、すべての業界が輪番休業などを行うことで経済的影響を少なからず受けることになります。しかし、考え方によっては、特定業界からの反発を招くリスクの少ない政策です。

 これは、医療においては、リスクのある患者や治療を避ける「負の方向」の防衛医療寄りの対策と言えるでしょう。

 私は両者の対策のどちらが良いと決めつけるつもりはありません。どちらにも一長一短があるからです。

最適な対策は日々刻々と変わる

 ここで次に注目してほしいのは、 「最適な節電対策は状況により刻々と変化していく」という現実です。

 3月25日時点で、東京電力は、夏の最大電力需要5500万kWに対して供給量は4650万kWしかなく、15%程度の電力が不足すると発表していました。

 石原都知事の大胆な発言は、そうした深刻な電力不足を前提としたものでした。この時点では、あらゆる企業が、節電対策をより強化しなければならないと覚悟していました。

 しかし、4月15日になると東京電力は、揚水発電などの活用で最大電力供給量5200万kWまで供給できる見通しと発表しました。揚水発電をフル稼働すれば、さらに490万kWの上乗せが可能だという説もあります(4月30日号「週刊ダイヤモンド」の記事より)。これが事実とするならば、節電する理由がなくなってしまいます。

 このように電力の供給量の見通しは刻々と変化しているのです

実際には、石原都知事の主張通りにパチンコが禁止されたり、自動販売機が撤去されることはありませんでした。でも、もしもその主張が即座に実行されていたらどうなっていたのでしょうか?

 パチンコ業界や飲料水メーカーから裁判を起こされて、「パチンコと自動販売機の消費電力を正しく算出せずに制限を加えたことにより、多大な人たちの生活基盤を破壊した過失がある」と認定されてしまうこともあり得たでしょう。

 では、蓮舫大臣の主張の方が正しかったのでしょうか?

 必ずしもそうとは言いきれません。火力発電所の復旧が遅れ、既存の発電所も老朽化で十分に稼働しないという不測の事態が続けて起こり、各企業の自主的な努力だけでは計画停電が不可避な状況に陥っていた場合も十分に想定できました。

 その場合には、「政府が節電の政令を迅速に出さなかったために大規模停電が発生した。停電が引き起こした様々な事故は政府のせいだ」と糾弾されていたことでしょう。

後からあら探しをすることは容易だが・・・

 結果が出てしまってから、過去の手続きの不手際を責めて断罪することは容易です。

 しかし、以上でお分かりのように、状況が刻々と変わる中で「最適な対策」が何かを判断するのは極めて難しいのです。

 医療裁判においては、リスクを伴う手術や検査を行って合併症を起こした場合はもちろんのこと、不測の事態が続けて起こり、不幸な転帰をたどった場合に、「30分、帝王切開のタイミングが遅かったから」「1時間心筋梗塞に対するカテーテル治療が遅れたから」などという事由で敗訴した事例が存在します。

 後戻りできない現場での決断を、後からあら探しをして非難することは容易です。しかし、繰り返しになりますが、どんな解決策にも良い面と悪い面があるのです。

 医師は、何事にも立ち向かう(または適切な代替案を示す)姿勢がなければ、患者からの信頼を得られません。一方、患者の側は、医師を信頼して治療を任せることで初めて適切な治療を受けられます。

 治療は、医師と患者の信頼関係の上に成り立つものです。医師が変わりゆく状況の中で示す「解決策」は信頼の産物であるべきだということです。私は節電対策を巡る様々な報道を見ながら、そのことを改めて強く感じたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よくわかった

とてもよくわかりました。
信頼関係がないと、どんな解決策も(どんなものにもとにかく良い面と問題の面があるし)非難の対象にしかならないし、また、自分たちが「当事者」であるということを理解していないと、評論家で終わってしまいますね。この夏は、高齢者や病人にとって、きつい夏になりそうだ、と思っていますが、でははたして、高齢者や病人にとってどのようにしたらベストか、という議論が少ないように思っています。もちろん、あちこちでたくさんの方々が尽力されているのでしょうけれども。街を歩くひとりひとりが、当事者である自覚を持っていくことで、何かを変えることができるかもしれない、とも思っています。

Re: よくわかった

ケロちゃんさんこんばんわ~

> 信頼関係がないと、どんな解決策も(どんなものにもとにかく良い面と問題の面があるし)非難の対象にしかならないし、また、自分たちが「当事者」であるということを理解していないと、評論家で終わってしまいますね。

そうなんですよね。当事者になって初めてわかることがありますよね。

>高齢者や病人にとってどのようにしたらベストか、という議論が少ないように思っています。もちろん、あちこちでたくさんの方々が尽力されているのでしょうけれども。街を歩くひとりひとりが、当事者である自覚を持っていくことで、何かを変えることができるかもしれない、とも思っています。

やはり自分の身に危険がせまってないと、当事者のつらさはなかなかわからないのかもしれませんね。

政治家の議論は、弱者保護といいつつ、なんだか的はずれの気がするのも、自分が当事者ではないからかもしれませんね、、、

障害者の政治家がひとりくらいいたっていいですよね。

でないと、本当の意味での弱者の気持ちがわからないので、的はずれな政策になってしまってます。。

こんばんは

今の医療現場で医者よりも必要なのは電気かもしれないですね・・・^^;
健常者と非健常者との違いは、いかに電気を命と同じくらいに感じているか、ということではないでしょうか?
少しくらい電気使わなくても・・・と考えられるのって、健康だから考えられる事だと思うのです。
本当にこればかりは当事者にならないと気付かないということが、悔しいですよね(>_<)

こんばんわ。また来ちゃいました(*^_^*)

医療体制については、疑問に思う事が多いです。
子供の「お腹の風邪」については医師の意見がかなり分かれます。
下痢止めを出す医師もいれば、整腸剤だけに留めて悪い菌を早く出した方がいいという医師もいるし。
良く見れば、育児本も全く違う事を言っています。
アレルギーに関してもそう。アレルゲンの全てを遮断しろと指示する方もいれば、少しずつ体内に取り入れて免疫を作れという意見もあり。
脳血管破裂を起こした義母を、ただ心臓が動く状態を1年も続けようとする医療態勢に疑問を持ったり。

より改善する為にはどうしたらよいのか。

局面に接して判断をする難しさは、生きて行く上で必ず起こりますねぇ…‥。

今日は1時(*^^)v


パチンコ依存症は、ギャンブル依存症の一種で、世界保健機関(WHO)が歴然と病気に認定しているものであり、正式な診断名は「病的賭博」です。しかも、かなり依存率が高く、ヘタな麻薬よりも重い病気です。
韓国や台湾では法律で禁止されています。アメリカでは純然たるギャンブルとして出店について厳しく制限されています。

パチンコは三店方式で換金を許していますが、同じ三店方式をルーレットの店で開くと摘発されます。バーなどでダーツの景品にボトルを出しても摘発されます。何故にパチンコだけ許されているのでしょう?

幼児、児童を車内放置しパチンコの興じて死亡させる事件は、毎年毎年発生しています。こんにゃくセリーを喉に詰まらせて死亡したり、ユッケを食べてO-111中毒で死亡するよりも事件例は多いです。

パチンコ業界は、脱税でも有名で、脱税率、脱税件数ともに、ワースト2の座を長いこと保持しています。


パチンコ業界の反発は、麻薬を販売して利益を上げている暴力団が、「麻薬販売を摘発されると生活費に困る」と反対するのと同様の行為にしか思えませんね。

Re: こんばんは

きっくのままさんこんばんわ~

> 今の医療現場で医者よりも必要なのは電気かもしれないですね・・・^^;
> 健常者と非健常者との違いは、いかに電気を命と同じくらいに感じているか、ということではないでしょうか?

そうなんですよね。だいたい原発反対とか言ってるのって、自分は電気がなくても大丈夫だとか言ってる人たちなのですよね。

ヒナも今回の入院で呼吸器・点滴・吸引・吸入、、、と、全て電気使用でした。
こういった子供・お年よりがいる事ももっと真剣に考えて議論してほしいですよね~

> 少しくらい電気使わなくても・・・と考えられるのって、健康だから考えられる事だと思うのです。
> 本当にこればかりは当事者にならないと気付かないということが、悔しいですよね(>_<)

Re: タイトルなし

こんばんわ~ いつでもいらしてくださいな~ 笑

> こんばんわ。また来ちゃいました(*^_^*)

> 医療体制については、疑問に思う事が多いです。
> 子供の「お腹の風邪」については医師の意見がかなり分かれます。
> 下痢止めを出す医師もいれば、整腸剤だけに留めて悪い菌を早く出した方がいいという医師もいるし。
> 良く見れば、育児本も全く違う事を言っています。
> アレルギーに関してもそう。アレルゲンの全てを遮断しろと指示する方もいれば、少しずつ体内に取り入れて免疫を作れという意見もあり。
> 脳血管破裂を起こした義母を、ただ心臓が動く状態を1年も続けようとする医療態勢に疑問を持ったり。

医療って、私達素人にはわからないだけに、怖いですよね、、、><
先生によって意見が違うのもありえますし、その先生が正しいと思う方法で処方されるわけですしね。
育児本の類はまったく見ないので(笑)わかりませんが、本だって、書いた人の判断に左右されるわけですしね、、、絶対正しいなんてありえないんですよね。

お義母様の状態がそんなに悪いとは知りませんでした(;;)

医療が発達したおかげで、脳死状態の人とかがただ生かされてるのは、どうなんだろう、、、とも思います。
以前紹介した「被曝治療83日の記録」の本でも、生き地獄のまま生かされていた、、、というように感じました。
人間って、ただ心臓があって動いてればいい、、、というわけにはいきませんよね。
尊厳が大事だと思うのです。

> 今日は1時(*^^)v

あはは、、、^^;じゃあ、1時女さんで 笑

Re: タイトルなし

えまのんさんはじめまして~

> パチンコ依存症は、ギャンブル依存症の一種で、世界保健機関(WHO)が歴然と病気に認定しているものであり、正式な診断名は「病的賭博」です。しかも、かなり依存率が高く、ヘタな麻薬よりも重い病気です。
> 韓国や台湾では法律で禁止されています。アメリカでは純然たるギャンブルとして出店について厳しく制限されています。

パチンコ依存症なんてあるんですね~

わたしはパチンコってやった事ないんですけど、朝からよく並んでる人とかみかけると、おもしろいのかな~って思います^^;

アメリカはギャンブルきびしいのですか~ カジノとか、割とオープンなイメージでした!

そういえば、日本カジノ構想とかありましたけど、、、あれどうなったんでしょうね 笑

> パチンコは三店方式で換金を許していますが、同じ三店方式をルーレットの店で開くと摘発されます。バーなどでダーツの景品にボトルを出しても摘発されます。何故にパチンコだけ許されているのでしょう?

お詳しいのですね~ 三店方式??・知りませんでした ^^;

> 幼児、児童を車内放置しパチンコの興じて死亡させる事件は、毎年毎年発生しています。こんにゃくセリーを喉に詰まらせて死亡したり、ユッケを食べてO-111中毒で死亡するよりも事件例は多いです。

あれだけ騒がれてるのに、なんで同じ事件がおきるのか本当に不思議です。
親はパチンコ依存症なんでしょうかね、、、

> パチンコ業界は、脱税でも有名で、脱税率、脱税件数ともに、ワースト2の座を長いこと保持しています。

そうなんですか!!1位を知りたいです^^;

なかなか興味深い話をいろいろ聞かせていただいてありがとうございます^^
私のしらない分野の話だったので、勉強になりました^^
私、こういう社会の裏話とか好きなんです、、、笑

> パチンコ業界の反発は、麻薬を販売して利益を上げている暴力団が、「麻薬販売を摘発されると生活費に困る」と反対するのと同様の行為にしか思えませんね。

やっぱり、全ての業界が少しづつ我慢しなきゃ打と思うんですよね。

今一番我慢してるのは、電力不足で工場が作動できない製造業だと思うんです。

だから、やっぱり、どの業界も少しは我慢しろよ、、、といいたいですーー;

やっぱり、日本は製造業に頑張ってもらわないと終わってしまうと思います。

プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。