Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 私がヒナを怒鳴る時・怒る時・ひっぱたく時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がヒナを怒鳴る時・怒る時・ひっぱたく時

以前にも書いたけど、

私は24時間中子供を愛して可愛い可愛いいいまくり、言う事はなんでも聞いてあげて、、、

というような天使の母親ではない。


ヒナの事はすごく大切だし、ものすごく愛おしい。

何よりも大切な存在で、自分よりも大切な存在。


でも、そんな気持ちを24時間ずっと保てるか、っていうと、そんな事はなくって、

可愛いはずのわが子でさえ、時にはイライラしたりする事がある。


鼻のカテーテルを抜いてしまった時

→忙しい時にぬかれると、入れるの大変だし、

入れるときに吐いたりしてまた片付け大変だし、、、

何より危ないからひっぱらないで!と言ってるのに、、、

出かける前にこれやられると、時間に間に合わなかったりで、もう大変

でイライラして「何やってんの!危ないから抜いちゃダメって言ってるでしょ!」って怒鳴ってしまう。


注入したものを吐いた時

→眠い時や遊んでほしい時などぐずり泣きするんだけど、わざと泣く事も覚えたのかな?

注入中に泣かれたりすると、逆流して吐く時がある。

当然、布団もなにもかもびしょびしょ。

(一応防水シートもひいてるんだけど、大量に吐くとシートの外にまで飛ぶ><)

ひどい時は畳にはかれた時もあった。

布団に吐かれると、昼間ならすぐ干せばなんとか夜までに乾くけど、

夜、寝る前に吐かれると干してもかわかないし、

私のイライラもマックスになって、ヒナを怒鳴ってしまう。


怒鳴ってさらに大泣きされたりした時には、

「いい加減にしなさい!!」って、

ほっぺたやお尻をひっぱたいてしまう事もある。


ヒナの場合、

わざという事聞かないとか、わがまま言うとか、

わざと困らせようとしてるのではなくって


鼻のチューブぬいてしまうのも、

吐いて布団びしょびしょにしてしまうのも

夜中におもらししてしまうのも、

全部不可抗力で悪気はないのでしょうがない事だってわかってるんだけど、

それでも私が忙しかったり、イライラして怒鳴ってしまう私は心に余裕がないのかも、、、


子供を怒ったり、手を上げたりしても、

愛情さえあれば、子供はわかってくれる、、、子供のために怒ったんだ、、、

なんてのは、キレイ事かもしれない。


親が子供に手を上げる、ってのは、

「子供の為」でもなんでもなく、

親自身がイライラしたっていう、親自身の問題なんだよね、、、


それを「子供のため」「アナタのために」怒ったのよ、と

言い訳するのだけは止めようと思う。


私が未熟だから怒鳴ったり手を上げたりしたのだ、

子供(ヒナ)には全く関係ないし、

ヒナはちっとも悪くない。

それは認めてあげないと、かわいそうだよな~


最近は私もさすがにヒナをひっぱたく事はなくなったけど、

この先ずっと手をあげないか、って言われると、

自信はない。


それでも、ヒナに愛情がない、とか、ヒナに対する愛情が薄れた、とか言うのではない。

毎日全力疾走してる私に余裕がないだけの話。


手を上げたからといって、ヒナが私を嫌いになってるか、って言ったら、

そうではないと思うし、、、

変わらない笑顔をみせてくれるし。


だからこそ、

ひっぱたいてしまった後、

私自身にものすごい罪悪感が残るんだよなあ、、、


ひっぱたいて、泣かせた後も、

変わらない笑顔を見せてくれるヒナ。

私、ヒナの事ひっぱたいたんだよ?怒鳴ったんだよ?

それなのに、

いつまでも純粋に無邪気に私を必要としてくれるヒナ。

20111118_145233.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒナままさんの言うことすごく分かるな~
私も常にそう感じています・・・。きつく叱りつけて泣かせてそのまま寝ちゃったとき
とか。私の感情に任せて怒鳴ってしまった時とかいつも後になって罪悪感が・・・

でも子供は朝になるとニコニコ笑ってて・・・

もしかしたらこの罪悪感が親を成長させてくれるのかもしれませんよ
↑これもちょっときれいごとだけど^^

No title

こんばんは^^

私のことを言われているのかとドキッとしました^^;
私も、叩きました・・・しかも泣くまで・・・><
1年半くらい前。

怖いことに、だんだんエスカレートしていっちゃうの・・・

叩くことで自分のストレス発散しちゃってた・・・

ほんと、
>親自身がイライラしたっていう、親自身の問題なんだよね、、、
その通りだと思います。

今は、やめました、そういうの^^
すごくきつく言葉でしかるけれど、
それだけでも十分効果があるから・・・^^;

でも、しからない親もだめ。
褒めてだけの子育てだけでは子供は育たないそうです。
by 娘の小学校の校長先生
子供はしからないとわからない部分もあるって。

子供をしかれない親。
校長先生がしかると、血相変えて学校に苦情入れてくるんですって。
そんな時は校長先生、親もしかるって^^
熱血先生なんです。

でも、そんな先生っていてもいいと思います。

No title

私もamiが元気なころは、毎日のようにイライラして怒鳴ってました。
言うことを聞かないから言うことを聞かせたい。幼稚園ではちゃんとしてほしい。私のエゴを押しつけてました。
今でもkaiが言うこと聞かなくてイライラすることはありますが、元気なamiとkaiを育ててた時ほどではないです。

ヒナままさんのおっしゃるとおり、自分自身に余裕がないんですよねぇ。
でも、ヒナままさんはこうしてブログに書いて自分を見つめ直せるのは、ヒナちゃんを愛してるから。全力でヒナちゃんと向き合っているからだと思います。
だからこそ、罪悪感がわいたり、落ち込んだりするんだと思います。

でも、怒るとだめと思うと、なぜか怒ってしまうので、怒ってもいいし素の自分でいいと私は思います。
他のとこで挽回したらそれでオッケーじゃないでしょうか^^

私も未熟だったし後悔はしたけど、戻れないし。言ったことは取り消せないし。
でも、私もamiのことは本当に本当に大切な存在だったし、それは今も変わりません^^
怒ったり笑ったりしながら、親も子も成長していくんでしょうねー。

なんかうまく言葉にできませんが、ヒナちゃんはママが大好きだと思います♪

No title

こんばんわ。

親も人間、完璧な人はいない。

かつての偉そうな事言っている哲学者だって、子育てさせればヒステリックを起こすのは確かなはず・・・

な~んて固い事言ってますが、子供のいいなりな腑抜けパパです(笑)

子供と要られる時間は限られているので、笑ったり、怒ったり、泣いたりして共に生活するのが人間らしいじゃありませんか!

家政婦のミタさんでさえ、泣いてたしねー(笑)

Re: No title

ゆこっちゃんさんこんばんわ~

> ヒナままさんの言うことすごく分かるな~
> 私も常にそう感じています・・・。きつく叱りつけて泣かせてそのまま寝ちゃったとき
> とか。私の感情に任せて怒鳴ってしまった時とかいつも後になって罪悪感が・・・

温和なゆこっちゃんさんも叱る事があるのですか~

そうそう、罪悪感、

怒った後のあの後味の悪さ、なんだろう、、、

> でも子供は朝になるとニコニコ笑ってて・・・
>
> もしかしたらこの罪悪感が親を成長させてくれるのかもしれませんよ
> ↑これもちょっときれいごとだけど^^

いや、本当にそのとおりかもですね。

これじゃいけないわ、私!って気づかせてくれるのも、子供の笑顔だったりしますね。

Re: No title

NORさんこんばんわ~

> 私のことを言われているのかとドキッとしました^^;
> 私も、叩きました・・・しかも泣くまで・・・><
> 1年半くらい前。
> 怖いことに、だんだんエスカレートしていっちゃうの・・・
> 叩くことで自分のストレス発散しちゃってた・・・

みなさん同じような経験があるのですね~・・・・><

> ほんと、
> >親自身がイライラしたっていう、親自身の問題なんだよね、、、
> その通りだと思います。

「子供のため」「あなたのため」に叱ってる、っていう、逃げ口実はいけないよな~ って思いました。

> 今は、やめました、そういうの^^
> すごくきつく言葉でしかるけれど、
> それだけでも十分効果があるから・・・^^;
>
> でも、しからない親もだめ。
> 褒めてだけの子育てだけでは子供は育たないそうです。
> by 娘の小学校の校長先生
> 子供はしからないとわからない部分もあるって。

むずかしいですよね~ どこを褒めて、どこを叱るか。

意味のわかってないヒナだと、なおさらです。

> 子供をしかれない親。
> 校長先生がしかると、血相変えて学校に苦情入れてくるんですって。
> そんな時は校長先生、親もしかるって^^
> 熱血先生なんです。
> でも、そんな先生っていてもいいと思います。

なんだか、子供を叱らない親も増えてますし、それはそれで問題ですよね~

No title

ヒナちゃん、ママのこと大好きなんですよ。きっと、ママのこと嫌いになる事は絶対にない。ヒナママさんの心に余裕がないのは、毎日必死にヒナちゃんの為に頑張っている証拠で、それが悪いとは私には思えないです。
ヒナママさんがヒナちゃんを愛しているように、ヒナちゃんもママのこと愛しているんでしぃうね(^^)ヒナちゃんの笑顔を見ているとそう思います!

ヒナちゃんの今の嘔吐の様子(逆流の程度)、手で上手にチューブを抜いてしまう頻度が頻繁なら、胃瘻など検討してみてもいいのかも、と思います。ヒナちゃん自身にとっても、ヒナママさんにとってもメリットは多いと思います。

めいは、胃瘻にする以前とは生活も体調もガラリと変わりました。24時間注入だったんですが、今では一回の注入5分で済みますし、おでかけもしやすくなりました。
逆流が抑えられてからは体調が落ち着いている時期は毎日口から食事を取れるようにもなったし、チューブが抜けるヒヤヒヤ感からも開放されました。
チューブの刺激や逆流の為に吸引ばかりしていましたが、今は吸引機は押入れに眠っていてもう2年くらい使っていません。感染症もほぼなくなり、今では我が家で一番風邪をひかないのはめいです。

めいと、私たち家族にとっては胃瘻にして本当に良かったと感じています。
ヒナちゃんが今でもNGチューブを使っている理由などをよく知りもせず無責任な事を言ってしまっていたら、本当にごめんなさい(><)

何だか長々と書いてしまいましたが、とにかく、ヒナちゃんはもちろんですが、ヒナママさんにも、笑っていて欲しいと思います!ヒナちゃんの笑顔がヒナママさんの幸せであるように、ママの笑顔がヒナちゃんの幸せだと思います。

私は、ヒナちゃんもヒナママさんも、大好きです。

Re: No title

amikaimamaさんこんばんわ~

> 私もamiが元気なころは、毎日のようにイライラして怒鳴ってました。
> 言うことを聞かないから言うことを聞かせたい。幼稚園ではちゃんとしてほしい。私のエゴを押しつけてました。
> 今でもkaiが言うこと聞かなくてイライラすることはありますが、元気なamiとkaiを育ててた時ほどではないです。

amikaimamaさんでもそうでしたか~><

> ヒナままさんのおっしゃるとおり、自分自身に余裕がないんですよねぇ。
> でも、ヒナままさんはこうしてブログに書いて自分を見つめ直せるのは、ヒナちゃんを愛してるから。全力でヒナちゃんと向き合っているからだと思います。
> だからこそ、罪悪感がわいたり、落ち込んだりするんだと思います。

ううう・・・ありがとうございます*^^*

> でも、怒るとだめと思うと、なぜか怒ってしまうので、怒ってもいいし素の自分でいいと私は思います。
> 他のとこで挽回したらそれでオッケーじゃないでしょうか^^

怒った後のフォローはちゃんとしてあげたいですよね~

ちゃんと、自分は愛されてる、って感じさせてあげたい。

> 私も未熟だったし後悔はしたけど、戻れないし。言ったことは取り消せないし。
> でも、私もamiのことは本当に本当に大切な存在だったし、それは今も変わりません^^
> 怒ったり笑ったりしながら、親も子も成長していくんでしょうねー。
>
> なんかうまく言葉にできませんが、ヒナちゃんはママが大好きだと思います♪

Re: No title

ハムチャンさんこんばんわ~

> こんばんわ。
>
> 親も人間、完璧な人はいない。
>
> かつての偉そうな事言っている哲学者だって、子育てさせればヒステリックを起こすのは確かなはず・・・
>
> な~んて固い事言ってますが、子供のいいなりな腑抜けパパです(笑)

あはは、娘さんはそんなパパさんが好きなんでしょうね^^

> 子供と要られる時間は限られているので、笑ったり、怒ったり、泣いたりして共に生活するのが人間らしいじゃありませんか!
>
> 家政婦のミタさんでさえ、泣いてたしねー(笑)

ですねー。一緒に笑ったり、怒ったり、泣いたり、

それができるのも家族ならではですしね。

Re: No title

megumiさんこんばんわ~

> ヒナちゃん、ママのこと大好きなんですよ。きっと、ママのこと嫌いになる事は絶対にない。ヒナママさんの心に余裕がないのは、毎日必死にヒナちゃんの為に頑張っている証拠で、それが悪いとは私には思えないです。
> ヒナママさんがヒナちゃんを愛しているように、ヒナちゃんもママのこと愛しているんでしぃうね(^^)ヒナちゃんの笑顔を見ているとそう思います!

ありがとうございますーッ(TT)

なんだか、時々、自分って酷い母親なんじゃないか、、、って自己嫌悪に陥る時がありまして。

>
> ヒナちゃんの今の嘔吐の様子(逆流の程度)、手で上手にチューブを抜いてしまう頻度が頻繁なら、胃瘻など検討してみてもいいのかも、と思います。ヒナちゃん自身にとっても、ヒナママさんにとってもメリットは多いと思います。
> めいは、胃瘻にする以前とは生活も体調もガラリと変わりました。24時間注入だったんですが、今では一回の注入5分で済みますし、おでかけもしやすくなりました。

胃ろうって、注入時間も減るんですね~

う~ん やっぱり検討してみようかなあ~・・・

> 逆流が抑えられてからは体調が落ち着いている時期は毎日口から食事を取れるようにもなったし、チューブが抜けるヒヤヒヤ感からも開放されました。
> チューブの刺激や逆流の為に吸引ばかりしていましたが、今は吸引機は押入れに眠っていてもう2年くらい使っていません。感染症もほぼなくなり、今では我が家で一番風邪をひかないのはめいです。
>
> めいと、私たち家族にとっては胃瘻にして本当に良かったと感じています。
> ヒナちゃんが今でもNGチューブを使っている理由などをよく知りもせず無責任な事を言ってしまっていたら、本当にごめんなさい(><)

いえいえ、ちらッと、そんな話はでてるんですよね~

NGチューブにしてる理由は、特にないですが、

あえて言えば、周りの人にも障がい児(だから注意してくださいね)、ってわかりやすいから、ってのもありますね~


> 何だか長々と書いてしまいましたが、とにかく、ヒナちゃんはもちろんですが、ヒナママさんにも、笑っていて欲しいと思います!ヒナちゃんの笑顔がヒナママさんの幸せであるように、ママの笑顔がヒナちゃんの幸せだと思います。
>
> 私は、ヒナちゃんもヒナママさんも、大好きです。

ありがとうございます(TT)

あたしもmegumiさん大好きですよーッ*^^*

ご無沙汰してます

この日記よくわかるね。

躾だとおもって厳しくしても、残る罪悪感ってなんでなんしょ?  

No title

自分が病的になりつつある、と思うような内容でなければ、それは、単純に日々の介助、介護の疲れがたまりすぎているのでは…

というのも、たたいちゃった!というあとに、たたいた方が傷つくからです。

もちろん、エスカレートしないように注意はしていかなくてはいけないですよね。って、それはいつも注意されているだろうけど。笑。

そのために、先にコメントにあった、胃ろうという方法を検討するのも一案ですし、また別の案があればそれもあり。

結局、クオリティオブライフ、の問題であって、ヒナままさんが、どうしたら、一番気持ちよくヒナちゃんのお世話ができて、自分の時間を作ることができるかを、二人だけではなくて、行政も友達もみんなと考えていけたらいいな、という感じ。今の状態がベストということはないと思うので、なおよくなる方法を模索するのも一案です。

実際問題として、ヒナままさんの心の澱を、すくい取る方法を、考えておくのもよいかと。(というか、これ以上罪悪感を持たなくてよいように)

ちなみに…私は、最終兵器は、100均の皿です。笑
もうどうしようもなくひどい状態になった場合(過去数回あり)、家出を決行できなかったので(お金もなく乳幼児もいたので)100均のお皿をビニール袋に入れてがっつり割りました。決しておすすめではありませんが、自分がいかにばかかを思い知って、せいせいしました。笑 本当に精神状態が最悪な時は破壊欲求が高まるので…。あくまでわたし、の場合ね!笑 ヒナままさんはそんなことないでしょうけど…。うちの場合は、大きくなってきた子供もいたので、子供の心を壊す!(ひいい)のを避けるために、皿を破壊してみました。あれきりありません。笑 一回やったら十分でした。笑 おすすめはしないけど、そんなばかも世の中にはいますがな!笑

No title

普通でしょ(^^)

お母さんだって人間だし 子供にいい事悪いこと教えなきゃなんないもん。
理性がなくなったら虐待になるのかもしれないけど 躾は紙一重だな~と思う。
愛あるあまりってね・・・

娘が5年生のとき18:00になっても帰ってこなくて捜しまくったら ひょっこり現れて 思いっきりひっぱたいたら鼻血出た。

高2の夏 海で呑んでたらしく友達が「ママ大変!」と電話くれて 駅のホームまで迎えに行ったら 男4人に手足1本ずつ持たれて汽車から降ろされてきた時には 「てめーしゃんとすれや!」と ホームで怒鳴り2,3発蹴り入れた(苦笑)

周りの人達は引いてたけど(爆)

ホームから引きずって車に乗せたことあったなー(-_-;)

いくつになったって ここぞと思ったときは一発ぶち込まないと目が覚めないのよ。

うちの場合は一発がデカイけど(笑)

母親と人間

お久しぶり、覚えていますか?
ちょっと入院をしていました。
ひなちゃん、ママさん、色々あるようですが、何よりも笑顔のある日を持てているようで、何よりです。

母親は、人間とはちがうカテゴリーだという、エッセイを読んだことがあります。
母親という、それだけで、聖なる存在のような、重たい価値を要求されてしまうのだと。
母親は加えて人間でもあるから、周囲から求められる存在とのギャップに戸惑い、人間である自分を殺してしまおうとするのだそうです。
それはもちろん苦しいこと。できれば、母親という自分の奥底には、人間たる自分がいるんだよ、ということが、日本にある子育ての価値観に、もっと浸透していけばいいですね。

ひなママさん、ご自分を大切に。
人間であるひなママさんも、母親であるひなママさんも。

私は来月からまた入院です。とほほ。
おせち(くりきんとん)が食べたいなぁ。

No title

こんばんは。

最近よく聞く「子供は褒めて育てよう」
それを履き違えて「子供のやることはオールOK」
やっぱり悪いことをしたら叱る、時には手を上げる。
親だからできることなんじゃないでしょうか?

中にはエスカレートしてしまうケースがありますが、それは手を上げる本人が本当はわかってますよ。「これは虐待だ」って。
虐待する人にあるのは「罪悪感」ではなく「使命感」
手を上げて子供を操作しようっていう感覚です。

ヒナままさんのように私だって時にはいらいらした延長で手を上げてしまうことってありますよ。
聖人君子じゃないんだし、でもそういう時の子供ってやっぱり愛情からの痛さじゃないのがわかるんですよね。
だからこそ、親も反省したり、子供も成長するんじゃないかしら。
手を上げることは本当はいいことではないかもしれないけれど、時には必要な時はあると思います。

Re: ご無沙汰してます

たたみさんお久です~

> この日記よくわかるね。
> 躾だとおもって厳しくしても、残る罪悪感ってなんでなんしょ?  

やっぱわかります?そうなんですよね、嫌~な罪悪感。なんなんだろう・

Re: No title

けろちゃんさんこんばんわ~

> 自分が病的になりつつある、と思うような内容でなければ、それは、単純に日々の介助、介護の疲れがたまりすぎているのでは…
> というのも、たたいちゃった!というあとに、たたいた方が傷つくからです。

そうなんです。叩いた私がなんだかとっても心が痛い。

ヒナが、もっと、怒った後に「ママなんて嫌い!!」って顔をしてくれればこちらも救われるのですが、

無邪気に私を求めるので、なんだかとっても心が痛いんです><

> そのために、先にコメントにあった、胃ろうという方法を検討するのも一案ですし、また別の案があればそれもあり。

胃ろう、考えてみようかな、、、とは思ってます。なかなか決心が、、、><

> ちなみに…私は、最終兵器は、100均の皿です。笑

あはは^^;ケロちゃんさんと破壊って、つながらないですw

そっか、あたしも何か破壊してすっきりする方法を見つけなきゃかな、、、^^;

Re: No title

きりさんこんばんわ~

> 娘が5年生のとき18:00になっても帰ってこなくて捜しまくったら ひょっこり現れて 思いっきりひっぱたいたら鼻血出た。
>
> 高2の夏 海で呑んでたらしく友達が「ママ大変!」と電話くれて 駅のホームまで迎えに行ったら 男4人に手足1本ずつ持たれて汽車から降ろされてきた時には 「てめーしゃんとすれや!」と ホームで怒鳴り2,3発蹴り入れた(苦笑)

あはは^^;キリさんのイメージがw

てめーしゃんとすれやですかw

やっぱり皆さん、ちゃんと叱る事はしかって、たまには蹴り、、、いや、手を出したりもするんですね、、><

No title

ヒナままさんは酷い母親なんかじゃないですよー!
本当に酷い母親なら、そうやって悩んだりしないはずですし。

胃瘻の話、出ていたんですねー。ちなみに参考までに、めいの注入時間が短いのは、寒天を使った固形栄養注入をシリンジを使ってしているからなんですが、胃瘻にでもボトルを使って滴下で注入している人はそんなに短くはならないかもしれません。個人差もあるようです。

ヒナちゃんとママ両方にとってベストな方法が見つかりますように!

Re: 母親と人間

あしなしこさんお久です~!

> お久しぶり、覚えていますか?
> ちょっと入院をしていました。
> ひなちゃん、ママさん、色々あるようですが、何よりも笑顔のある日を持てているようで、何よりです。

覚えてますよ~!!

どうされてるかな~ と思ったら、入院されてたのですね(;;)

> 母親は、人間とはちがうカテゴリーだという、エッセイを読んだことがあります。
> 母親という、それだけで、聖なる存在のような、重たい価値を要求されてしまうのだと。
> 母親は加えて人間でもあるから、周囲から求められる存在とのギャップに戸惑い、人間である自分を殺してしまおうとするのだそうです。

その通りなんです!!このエッセイ読んでみたいです~!!

> ひなママさん、ご自分を大切に。
> 人間であるひなママさんも、母親であるひなママさんも。

ありがとうございます!

> 私は来月からまた入院です。とほほ。
> おせち(くりきんとん)が食べたいなぁ。

そうなんですか、、、寂しくなります(;;)

おせち、一緒に食べたいなあ~・・・

Re: No title

キックのママさんこんばんわ~

> 最近よく聞く「子供は褒めて育てよう」
> それを履き違えて「子供のやることはオールOK」
> やっぱり悪いことをしたら叱る、時には手を上げる。
> 親だからできることなんじゃないでしょうか?

褒める=叱らない、とは違いますよね~

> 中にはエスカレートしてしまうケースがありますが、それは手を上げる本人が本当はわかってますよ。「これは虐待だ」って。
> 虐待する人にあるのは「罪悪感」ではなく「使命感」
> 手を上げて子供を操作しようっていう感覚です。

なるほど、「操作」って感覚ですか、言われてみればチカラで支配しよう、ってのはそうかもですね~

何が・どこからが虐待か、って、むずかしいですよね。

> ヒナままさんのように私だって時にはいらいらした延長で手を上げてしまうことってありますよ。
> 聖人君子じゃないんだし、でもそういう時の子供ってやっぱり愛情からの痛さじゃないのがわかるんですよね。
> だからこそ、親も反省したり、子供も成長するんじゃないかしら。
> 手を上げることは本当はいいことではないかもしれないけれど、時には必要な時はあると思います。

うんうん、手を上げた事を正当化せずに、反省するところは反省していこうと思います。

Re: No title

megumiさんこんばんわ~

> ヒナままさんは酷い母親なんかじゃないですよー!
> 本当に酷い母親なら、そうやって悩んだりしないはずですし。

ううう・・・そういっていただけると救われます(;;)

>
> 胃瘻の話、出ていたんですねー。ちなみに参考までに、めいの注入時間が短いのは、寒天を使った固形栄養注入をシリンジを使ってしているからなんですが、胃瘻にでもボトルを使って滴下で注入している人はそんなに短くはならないかもしれません。個人差もあるようです。
> ヒナちゃんとママ両方にとってベストな方法が見つかりますように!

ありがとうございます!!

胃ろうの話は、ほんのちらっとだけで、詳しい話は全然です。

ただ、胃ろう、ってのがあるよ~ くらいで。

No title

こんばんは。
いつもこちらのブログを興味深く拝見しています。
このブログの率直な感想です。

ヒナママさんは、ヒナちゃんのことをかわいらしく飾り立てて、あちらこちらに連れ歩いているようですが、本当にそれをヒナちゃんが喜んでいるのでしょうか?
健常な子供でも、こんなに頻繁に遠出をしていたら、疲れますし、特にコドモは車に酔います。
先日の記事では、茨城県の牛久シャトーに行っていましたが、あのあたりは、放射能のホットスポットとされる場所です。、住んでいる方々でも注意して生活しているような場所なのに、小さな子供を積極的に連れて行くのは???と疑問に感じます。
私には、ヒナちゃんの体の状態はまったくわかりませんが、おしゃれなレストランや、遠くのアウトレットなどより、楽ちんな服装で、同じようなお友達がいる中でリハビリやマッサージに行く方が、よほど彼女が喜ぶのではないでしょうか?
小さな体を飾り立てられて、窮屈な車に乗せられて、長時間移動させられるのは、ある意味”虐待”にすら思えます。
その上、家では、ひっぱたいたりしてるのですね(涙)

鼻チューブ

はじめまして
私は自身が消化器系の病気のため夜寝ている間など鼻からチューブを入れて経腸栄養剤エレンタールと言うのを一晩中流しいれています。
昼間ももちろんやる場合もあります。
お嬢様の鼻チューブのこと、お母さまとても大変だとは思いますが、どうかわかってあげてください。
チューブは挿入するたび食道や胃、腸の入り口などで様々な角度になります。
場合によっては先端が真上に向いてしまったりすることもあります。
一度目の新品はまっすぐ降りても、数回使ったものは胃液で色も変わり、臭いもあり、なおかつ柔らかくなっていて思い通りのところには収まりにくいのです。
私も眠っていて口の中に逆流してきたこともあります。
チューブの通る食道はとても柔らかいので傷も付きやすく、ちょっと傷がついても逆流性食道炎になって、吐きっぽくなるのです。
いろいろあるとは思いますが、どうか挿入時には優しくしてあげてくださいね。
いらぬことを申し上げて御不快かとも思いますが、どうぞお許しください。
お嬢様の笑顔がいつもあふれていること、お母さまの心がいつも豊かであることを心より願っております。

Re: 鼻チューブ

わんこさんはじめまして。

> 私は自身が消化器系の病気のため夜寝ている間など鼻からチューブを入れて経腸栄養剤エレンタールと言うのを一晩中流しいれています。
> 昼間ももちろんやる場合もあります。
> お嬢様の鼻チューブのこと、お母さまとても大変だとは思いますが、どうかわかってあげてください。
> チューブは挿入するたび食道や胃、腸の入り口などで様々な角度になります。
> 場合によっては先端が真上に向いてしまったりすることもあります。
> 一度目の新品はまっすぐ降りても、数回使ったものは胃液で色も変わり、臭いもあり、なおかつ柔らかくなっていて思い通りのところには収まりにくいのです。
> 私も眠っていて口の中に逆流してきたこともあります。
> チューブの通る食道はとても柔らかいので傷も付きやすく、ちょっと傷がついても逆流性食道炎になって、吐きっぽくなるのです。
> いろいろあるとは思いますが、どうか挿入時には優しくしてあげてくださいね。
> いらぬことを申し上げて御不快かとも思いますが、どうぞお許しください。
> お嬢様の笑顔がいつもあふれていること、お母さまの心がいつも豊かであることを心より願っております。


いえいえ、私は実際、チューブを入れた人の感覚がわからなかったので、すごく参考になりました。

それでも、チューブを入れるときのヒナの苦しさとか、見てれば多少はわかりますが、、、

だからこそ余計にこっちもつらいんですよね。


一応、わたしにもこういう事がある、ってことを素直にブログに書いたつもりです。

No title

 大きな心で、妻を見てあげます。
本音記事ありがとうございました。

ヨハネによる福音書 第19章 26節

イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。

GOD BLESS YOU!
プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。