Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 普通の子供と同じ環境で障害児を育てたい親の気持ち②高校でて大学出ないと幸せになれない?時代は変わる!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の子供と同じ環境で障害児を育てたい親の気持ち②高校でて大学出ないと幸せになれない?時代は変わる!

前回の日記で、太郎の母さんからとても有益なコメントをいただきました。

「障害児については、学校教育法のなかで、障害児の定義がありますが、1947年にできた法文のまま、50年以上放置です。
重度障害児は就学を希望しても就学猶予・就学免除で「排除」されていました。
1979年には養護学校が義務化、地域の小学校・中学校に通っていけたほかの障害児も反対がなければ「分離」されています。
今の特別支援学校はだいぶ違ってきてますけど『排除』『分離』から養護学校がうまれた経緯がある限り「特別な世界に踏み込む勇気」はいるでしょうね。
又特別支援級すら、在籍し義務教育を終えてしまうと公立高校の受験はまずできなくなります。
特別支援クラスの授業では受験に必要な単位がそろわない場合がほとんどで進路に制限が出てくるという点でも親は覚悟が要りますよ。」


なるほど、養護学校の成立の課程自体が、「排除」「区別」といった歴史の産物であったのですね、、、

そういった歴史があるから、未だに「特別なもの」と考えられている。


それにしても、公立高校の受験ができない、ってのははじめて知った、、、

まあ、大学いきたければ大検って手もあるけど。

それに、ヒナままは、大人になってから、社会に出てから得る勉強のほうが大切だと思ってるので、

学校にはあまりこだわらないし(学校はあくまで教師が教えるという、子供にとって受身のものであると思うから)、

子供の時に親が与える教育ってものもあまり重視してない。(お金払って与える教育、って意味で、親自身が自分で教える教育は否定してないです)

子供のうちの教育って、子供にとっては受身の教育であるから、大人になって、受身の教育ではなく、自分で「これが学びたい」っていう自発的な教育のほうが大事だと思ってる。

だから、どんな学校であろうがあまりこだわってないし、子供のうちから英才教育はしなくてもいいと思ってる。(ヒナが障害児でなくても、特別な教育はしなかったと思う)

要は、本人次第って事。

ヒナまま自身も、学校で学んだ事よりも、社会にでてから、親になってから、自分で独学で学んだ事のほうがよっぽどためになってる(もちろん、基礎、という点で学校教育は大事だとおもうけど、それが全てではないと思う)

ただ、日本の社会だと、高校でてないと就職はむずかしい、ってのも事実。
(採用条件が高卒以上、が多い)

今の不況じゃ、大学でてたって就職は厳しいけどね、、、

ただ、昔みたいに、就職しなきゃ社会で生きてけないとか、将来幸せになれないかっていうとそれは疑問で

これから、日本の社会制度やしくみが大きく変わってくる時代が来ると思う。

今までみたく、大学さえ出てれば就職できる、といった、学歴で判断されるような時代ではなくなる、と思う
(一流大学でてればエリートコース、みたいな時代は終わると思う)

リーマンブラザーズの破たんを見ても、一流企業に勤める事が将来安定した生活を保障される時代でもなくなったと思う。

価値観の大きな変化の時代が訪れているのだと思う。

本人にどれだけの力があるか、本人がどれだけの事を学んできたか、

「学歴」という肩書きではなく、「本人の力」が必要とされる時代がやってくると思う。

逆にいえば、今よりもっと厳しい社会。

本人にどれだけのパワーがあるか。


ヒナは普通の学校は無理だと思う。高校も行けないかもしれない。

その代わり、

ママがヒナの先生になる。ママがヒナのお手本になる。

そのために、ママは、なんでもできるママになろうと思って努力してるし、いろいろな事にも挑戦してる。

ママが今まで経験してきた事は、きっとヒナにとって本当の勉強になる事だと思ってる。

20100926_102448.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。