Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 首都圏直下型地震に備えて(2)市役所・防災課・消防署で防災相談をしてきた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都圏直下型地震に備えて(2)市役所・防災課・消防署で防災相談をしてきた。

直下型地震が来た時に、やはり心配なのは避難時とその後の避難生活。

まずはどうすればいいのか、私自身がどのように準備をすればいいのかわからなかったので、

市役所の障害福祉課と防災課、そして消防署で防災相談をしてきた。


まずは消防署へいって、

・避難時の注意点

・避難時に車椅子で逃げられるのか、それとも背負って逃げたほうがいいのか

・東日本大震災時の様子(特に障がい者の避難や生活)

をきいて来た。


避難時の注意点については、一般的に、落下物に気をつけましょう、くらいしかいえないみたい。

私が聞きたかったのは、家から避難場所までの安全なルートだったんだけど(家から避難場所までは実際に行ってみる訓練をしようと思ってるので、どの道が安全なのか、プロに判断してもらおうと思ったんだけど、、、)

こればかりは実際に地震がおきてみないとわからないとの事。

ただし、防災ハザードマップがあるので、それをみせてもらった。

これをみると、だいたい、火災時の延焼の危険地域とか、河川の洪水の危険地域とかがわかるので、

その地域を避けながら避難ルートを確保しなければならないなあ、、、と思った。

道路が遮断された場合を考えて、いくつかのルートを自分で考えておくしかない。


あとは、避難時に車椅子移動がいいのか、それとも背負って逃げるほうがいいのか、、、

これは、実際東日本大震災では道路ががたがたになり、車椅子で逃げるのは大変だったらしい><

それに、実際に地震が起きたら、車椅子が何かに埋まってしまって取り出せない事もあるだろうし、、、

となると、やはり最悪背負って逃げる事も想定しておいたほうがいいかな、、、

避難所では水や食料は手に入りやすいけど、医薬品が不足するので、障がい者で薬を服用してる人は薬を忘れずに持って逃げなければならない、、、


市の障害福祉課でも、震災時の災害弱者に対するサポート体制を整えてるはず、というので、

お次は市役所へ。

障害福祉課へ行って、消防署で聞いた話をして、震災時の災害弱者に対するサポート体制の有無を聞いたんだけど、、、

サポート体制を現在すすめる方向ではあるけど、現時点では実際には何も決まってないみたい><

これからすすめるとは言ってるけど、震災はいつおこるかもわからないし、

う~ん 間に合うのかなあ、、、


次ぎは防災課へ。

ここでは、防災マップをもらい、避難場所の確認と、あとは避難所の備蓄物の確認をしてきた。

あとは、避難訓練に参加したいと聞いてみたんだけど、

避難訓練は自治会単位でやっていて、しかも、自治会によって、消防署OBによって力を入れていたり、それほどでもなかったり、さまざまらしい(;;)

自治会での避難訓練に力をいててる地域では、災害弱者へのサポートも含めて訓練をするみたいで安心なのだけど、

私が参加する予定の自治会はそれほど力をいてれる地域ではないみたい(;;)

なので、自治会参加をどうしようか迷ってる・・・


とにかく、市単位では大きすぎて動けないんだな、というのが感想で、

自治会単位、お隣さんとの助け合いにゆだねてる部分が多い。

でも、実際に震災のパニックになったら、皆自分たちの家族の身の安全を守るのでせいいっぱいだろうし、

やはり、自分で自分と子供の身を守る事を覚悟して想定して動かなきゃな、、、と思った。

実際に震災がおきたら、誰も助けてはくれない、自分の身は自分で守る、くらいの覚悟で対策をすすめようと思う。


具体的にどうしたらいいかの答えは、はっきりいってみつからなかった。

でも、市役所と消防署へ行く事で、私の家の状況を知ってもらうことができたし、震災時に不安を持ってることも知ってもらえたし、こうやって今から震災に備えていろいろ準備してるんだ、って姿勢も知ってもらうことができたし、

震災がおきたときに少しでも、「そういえば、あのお母さん大丈夫かな」って思い出してもらえればいいな、、、と思ったので、

市役所と消防署へ行った事は意味がなかったことではなかったと思う。


子供の身を守れるのはお母さんだけ、、、、

20120126_122805.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

確かに地域によって違うんでしょうね。
友人住んでる所の自治会は自閉症児2人抱える友人一家の為に非常時には避難所(学校?)一部屋確保してくれるそうです!
それも自治会の方が地域の避難弱者の把握の為に各家庭を回ってリストアップしたそうです!
もちろん避難所に対して予想避難者の数に余裕があるから出来る事なんだとは思うのですが。

うちの地域はどう考えても避難所に対して地域住民多すぎて、入れない人が多数出そうな感じ・・・(-.-)

すごい

いろいろ震災に向け動かれていますね。
私は1人行動が多いので 心配です。
地震ばかりは予測できる訳ではないので 動いてますが

ヒナママさんも気をつけてくださいね。
「地域の力」ってすごいです。
周りの方に知ってもらうのが一番ですよね。

Re: No title

↑鍵コメさん、とても参考になりました、ありがとうございます!!

Re: No title

たろうとはなままさんこんばんわ~

> 確かに地域によって違うんでしょうね。

そうみたいですね~ ><

でも、こういう事って、自治体によって差が出ていいものじゃないと思うんですけどね、、、><

しかし実体は、地域住民の防災に対する意識の高さ低さによって差がでますね、、、

Re: すごい

丈さんお久です~

> いろいろ震災に向け動かれていますね。
> 私は1人行動が多いので 心配です。
> 地震ばかりは予測できる訳ではないので 動いてますが

やはり心配ですよね><

でも、できる限りで想定して動いておけば、

いざという時にどうしようどうしよう~ で慌てずにすむかな、とは思います。

備えがあれば、気分的にも安心ですしね、、、

> ヒナママさんも気をつけてくださいね。
> 「地域の力」ってすごいです。
> 周りの方に知ってもらうのが一番ですよね。

まずは知ってもらうことが第一ですよね。

なので、役所や消防署には積極的にでかけて行ってます。

消防署の方なんかは本当に親身になって話を聞いてくださいました*^^*

ただ、実際は起きてみないことにはなんともいえないみたいです、、、><

No title

う~ん 地震ばかりは予測できない自然災害ですからね。
私も怖いと思いながら生活してます。
特に障がい者はその心配は大きいですよね。
お互い気をつけたいですね。

Re: No title

丈さんこんばんわ~

> う~ん 地震ばかりは予測できない自然災害ですからね。
> 私も怖いと思いながら生活してます。
> 特に障がい者はその心配は大きいですよね。
> お互い気をつけたいですね。

災害弱者対策がまだまだ進んでないので、不安ですよね、、、><
丈さんもお気をつけ下さいね!!

プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。