Glitter Photos
[Glitterfy.com - *Glitter Photos*] シングルママと障害児ヒナの2人で成長日記 ずっと心にひっかかっていた事。苦しむヒナをひとり病室において帰った私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと心にひっかかっていた事。苦しむヒナをひとり病室において帰った私。

今年もあと少し、今年もいろいろな事があったけど、

反省、というか、心にひっかかったままの事をすっきり吐き出して年を越そうかな。


今年の春にはヒナは手術を迎えたんだけど、

それからずっと私の心の中にひっかかってるもやもや感。


前にも書いたけど、私のヒナに対する想いを「無償の愛」と言ってくださる方がいて、

良心がいたたまれなかった原因、


それは、


私は、ヒナの手術後に、

苦しむヒナをひとりICUに残して家に帰ったんだよね…


術後直後のヒナは、唇はガクガク震え、傷の痛みにう~う~うなり続け、

見るも耐えない姿だった。


そんなヒナを、ひとりICUの病室に残して、

私はそそくさと家に帰ってしまった。


看護士さんに

「お母さん、今日はICUに泊まりますか?」って聞かれて。

「え!?ICUに泊まれるんですか?

泊まれないと思って、着替えも何も持って来てません、、、」

「じゃあ、荷物取りに帰ってから戻ってこられてもいいですよ?」

「いや、、、今日は帰ります、、、」


完全看護の病院だったので、ICUに泊まれるとは思わず、

着替えや荷物をもってきてなかったのは事実。

でも、家に取りに帰って、戻ってこようと思えば戻ってこれたはず、、、


でも、私は泊まらなかった。


手術時間4時間中ずっと気をはりつめてて、私も気力と体力の限界だったので、

(手術当日の様子 http://hinamama0425.blog135.fc2.com/blog-entry-660.html

手術が終わった後は、とりあえず「家に帰ってゆっくり休みたい」

こんな思いから無意識のうちに「今日は帰ります」と口走ってしまったのだろうか…


ヒナの様子も、見るに堪えない様子で、

ヒナがいっぱいいっぱい苦しんでいる、


そんな時に私は側にいても何もしてあげる事ができなくって、

ただただ見守る事しかできなくって、


母親として、自分が無力だということをこんなにも見せつけられて、

ヒナが一番苦しい時に私は何もできないんだという現実を一気につきつけられて、


そんな自分のふがいなさにも耐えられなかったのだろうか、


自分がヒナの側にいても何一つできないし、

ICUなら専門の看護士さんもたくさんいるし、まかせておけば安心だろう、という慢心があったのか、


なんで「帰ります」と即答したのか、

なんで「今日はヒナについています!」と言えなかったのか、


自分でもよくわからない。


ただ、現に、私は苦しむヒナをひとり病室に残して、

真っ先に家に帰った。


私は今までずっと、ヒナの事が何より大事で、

自分よりヒナが大事で、

ヒナに全力を注いでいる、と思っていた。


でも、違った。


病室でいくらヒナが苦しんでようとも、

「疲れて限界だから家に帰って休みたい」

これが私の本音だったんだ…


私はやっぱり、「私」が一番大事だったんだな、、、 と思わされてしまった。


翌日病院に行くと、

ヒナはう~う~ 苦しんだまま。

高熱も出て、一晩中眠れなかったという。


そんなヒナをみて、「ああ、私はこんな状態のヒナを一人残して、なんで家に帰ったんだろう、、、!!」と、

ヒナに心から懺悔したい気持ちになった。


ヒナは一晩中一人で高熱と傷の痛みと闘ってたんだ、、、!!

私が一晩中側にいて、手を握ってあげる事もできたんじゃないか、、、!!なんでそうしなかったんだろう、、、!!


今でも、ヒナにはあの時の申し訳ない気持ちでいっぱい。

ヒナより自分を選んだ私の母親としての覚悟の足りなさに、

こんな中途半端な覚悟でひとりでヒナを守るつもりだったのかと、

自分自身に嫌気がさしてもやもやした気持ちのまま。


何より、「ヒナが一番大事」と思ってた私がやっぱり「自分が一番大事」だとわかってしまった、母親としての自信喪失感…


それからというもの、私のヒナに対する想いを「無償の愛」と言ってくださったり、「ヒナちゃんの事を考えてる」と言ってくださったりすると、

なんだか申し訳ないような、

いや、そうじゃないんです、私は自分が一番大事だったんです、、、と、

良心がいたたまれない気持ちになる。


ヒナにも全部わかってて、

もしかしたら、本当は私の事を軽蔑してるかもしれない、、、


もしもヒナがしゃべれたら、「お母さん何んで私についててくれなかったのよ!お母さんなんて大嫌い!」と言われていたかもしれない…


それでも、私の事を責めることなく無限の笑顔をみせてくれるヒナに

私は申し訳ない気持ちでいっぱい…

20120623_164453.jpg
20120621_194458.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

自分の事、大事に出来ないと子供の事も大事に出来ないと思う。
お母さんが元気じゃないと子供を愛せないと思う。
お母さんだって疲れているときがある。
そんな時は助けてくれる人たちに助けてもらえばいいんです。

私だってつくづく自分が大事なんだな・・・と思うときがあるけど。
自分がいっぱいいっぱいの時って、やっぱり無理だもん。

そんなに思いつめずに!
ヒナちゃんの事、大事に思っていることは本当に伝わってます。

無理しないでください。
助けてもらうことは悪いことじゃない。
少し休んだおかげでダウンせずに、看病出来たんだから。

と、私は思います。

No title

考えすぎです。

手術中4時間も気を張り詰めていたら休みたくもなります。
ヒナちゃんが高熱だった。苦しんでいた。それは結果論です。
「今から朝まで40℃の熱がでます。とても苦しみます。」と言われていたら一緒にいたはずです。それで一緒にいなかったら後悔するのもわかりますが。
それより,一晩一緒に居て,ヒナままさんが倒れて2・3日も寝込んでいたらどちらの方がヒナちゃんを不安にさせるのでしょうか?
と考えると,ベターな判断ではなかったのかと思います。
ただ,母として,後悔する気持ちも理解できます。
しかし,文面を読んでいる限り考え過ぎです。
そんな完璧な人はいません。逆に完璧すぐぎると人としておかしいと思います。

ということで,新年なったらさっと忘れましょう。
悩んでる顔がヒナちゃんを不安にさせます。子どもは敏感ですから。
ヒナちゃんが笑っている。それが幸せじゃないですか~?

はじめまして!
いつも見てるだけだったので初カキコです。
最初はお母さんとヒナちゃんが障害と戦って頑張ってるブログだと思ってましたが、だんだんヒナちゃんの笑顔を見るブログになってきました(*^◯^*)
ハンドメイドの帽子が似合ってたのが印象的!

子供が一番なのも大切ですが、お母さんが休めるときに休まず倒れる方がもっと大変ですよ。
ヒナちゃんも医療のプロがいる病院にいたわけですし。
だから、自身を責めないでくださいね(*^_^*)

私自身も母ですが、まだまだ甘い部分が多くてヒナママさん尊敬してます。
母としても、いち大人としても。


これからも、ひなちゃんの素敵な笑顔をたくさん見せてください!

こんばんは

ヒナママさん、ご自分を責めないで下さい。私は、ずっとヒナママさんのブログを拝読させて頂き ヒナママさんは強くなりながら人生を歩んでこられ、社会的な客観性を失うことなく子育てにも常に信念をお持ちの方だと感じました。

手術の心配と緊張感で心身共に疲労し、完全看護ということもありヒナママさんにとっても休む事が必要だったと思います。

いつも愛あふれるヒナちゃんとの日常を見て、ヒナちゃんはヒナママさんがお母さんで幸せだなーと心から思います。私には高校生の娘と中学生の息子がおりますが、いつも「素敵なママだね」ってみんなで応援しているんですよ。
ヒナちゃんの笑顔がいつもあるのはヒナママさんの大きな愛があるからです。o(^▽^)o

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

めいとそうのママさんこんばんわ。

> 私だってつくづく自分が大事なんだな・・・と思うときがあるけど。
> 自分がいっぱいいっぱいの時って、やっぱり無理だもん。
>
> そんなに思いつめずに!
> ヒナちゃんの事、大事に思っていることは本当に伝わってます。
>

ありがとうございます*^^*

なんというか、私がヒナを一人で育てる決心をした覚悟は並大抵のものじゃなくって、

ひとりで育てる決心をしたからには普通の母親以上に頑張らなきゃだめなんだ、って思ってたので、

ヒナを残して自分だけ家に帰ってしまった事にものすごい罪悪感を感じてるんです…

こんなんでこの先本当にヒナの事を守っていけるのか自信がなくなってしまったんです…

Re: No title

binaさんこんばんわ。

> 考えすぎです。

考えすぎ… ですかね、、、

一度考えだしたらけっこう思いつめるタイプなんですよね…><

根が暗いのかもw

> それより,一晩一緒に居て,ヒナままさんが倒れて2・3日も寝込んでいたらどちらの方がヒナちゃんを不安にさせるのでしょうか?
> と考えると,ベターな判断ではなかったのかと思います。
> ただ,母として,後悔する気持ちも理解できます。
> しかし,文面を読んでいる限り考え過ぎです。
> そんな完璧な人はいません。逆に完璧すぐぎると人としておかしいと思います。

確かに、結果論であって、「一緒にいてあげなかった」結果が翌日のヒナの苦しむ姿だったので、余計に後悔してるのかもしれませんね、、、

翌日のヒナが元気な姿だったら全く後悔しなかったかもしれませんしね、、、

> ということで,新年なったらさっと忘れましょう。
> 悩んでる顔がヒナちゃんを不安にさせます。子どもは敏感ですから。
> ヒナちゃんが笑っている。それが幸せじゃないですか~?

あたし実は根暗なんですよー><けっこう思いつめるタイプ…

いつもどこか心の奥底でこの事が引っかかったままなんです

Re: タイトルなし

ユキムシさんはじめまして!

> いつも見てるだけだったので初カキコです。
> 最初はお母さんとヒナちゃんが障害と戦って頑張ってるブログだと思ってましたが、だんだんヒナちゃんの笑顔を見るブログになってきました(*^◯^*)
> ハンドメイドの帽子が似合ってたのが印象的!

初カキコありがとうございます、嬉しいです*^^*

> 子供が一番なのも大切ですが、お母さんが休めるときに休まず倒れる方がもっと大変ですよ。
> ヒナちゃんも医療のプロがいる病院にいたわけですし。
> だから、自身を責めないでくださいね(*^_^*)

私の中では、ひとりで育てるからには「完璧な」母親像ってのがあったんですよね。

それとは違った自分が情けなくって…

これで本当にヒナを守れるのだろうか、と自信なくしてしまいまして…

> 私自身も母ですが、まだまだ甘い部分が多くてヒナママさん尊敬してます。
> 母としても、いち大人としても。

ありがとうございます><

でも、私もまだまだなんだと思いました。


> これからも、ひなちゃんの素敵な笑顔をたくさん見せてください!

ヒナが笑っててくれる事が救いです!

Re: こんばんは

チワワの母さんこんばんわ

> ヒナママさん、ご自分を責めないで下さい。私は、ずっとヒナママさんのブログを拝読させて頂き ヒナママさんは強くなりながら人生を歩んでこられ、社会的な客観性を失うことなく子育てにも常に信念をお持ちの方だと感じました。

強いと思ってたんですけど、自分にもまだまだ弱い部分、自分に負けてしまう部分があるんだと気付かされました…

> いつも愛あふれるヒナちゃんとの日常を見て、ヒナちゃんはヒナママさんがお母さんで幸せだなーと心から思います。私には高校生の娘と中学生の息子がおりますが、いつも「素敵なママだね」ってみんなで応援しているんですよ。
> ヒナちゃんの笑顔がいつもあるのはヒナママさんの大きな愛があるからです。o(^▽^)o

ありがとうございます(TT)
娘さんと息子さんまで見ていてくださるなんて、嬉しいです*^^*

No title

こんにちは、ヒナママさん。
はじめてコメントいたします。ご自分を責めないで!ヒナママさんのしたことは正しかったと思います。ヒナママさんはいつも一番にヒナちゃんのことを想っていられます。だから!あの日、お帰りになったのです。ヒナちゃんにとって一番大切なのはヒナちゃんのことを全身全霊で愛してお世話してくださるヒナママさんです。そのヒナママさんの必要な休養、特に手術前と中の付き添いによる体力と気力の限界であるヒナママさんに絶対に必要な睡眠を確保することこそ、それこそが一番ヒナちゃんに必要なことだったのではないでしょうか。
ヒナママさんがお帰りになったのは、ご自分を優先させたんではないと想います。ヒナママさんの体調、精神状態をいつもよく保つことが一番、ヒナちゃんのためだもの。ヒナちゃんもきっとわかっていると思います。。。。えらそうに書いてしまってごめんなさい。
応援しています。私もシングルママ(3人の)になったばかりでとても不安な毎日を過ごしています。

はじめまして

ヒナママさん、はじめまして!
ずいぶん前からブログを拝見していますが、初めて書き込みさせていただきます。

未婚で子供もいない私ですが、車椅子使用者の姉と一緒に暮らしています。ヒナママさんのブログを拝見するきっかけとなったのは、車椅子で出かけられる場所の情報が載っていたからです。その紹介記事がわかりやすく、私たちにとても参考になりました。(やはり実際に車椅子で行動している方が書いたものでないと、こちらが知りたい情報はなかなか得られないのです。ヒナママさんの情報は、まさしく“かゆいところに手が届く”ので、本当にありがたいです!)

それをきっかけとして、ブログを読ませていただくようになりました。立場は違えど、同じく家族と共に歩む者・・・色々な面で、共感するところが多々あります。

置かれている状況は違いますが、私も姉を介護している者として、ヒナママさんの葛藤は(全く同じではないにしても)わかる気がします。伝わってくるものがあります。
私の姉も、今年がんが見つかり、かなり苦しい日々が続きました。病院に4ヶ月入院していた時は、毎日仕事の帰りに面会に通いました。(都合で行かなかったのは1日だけ)その後、体力が低下してしまったので、家にまっすぐ戻れず、老人保健施設というところでリハビリをしながら、自宅へ帰るための準備をすることになりました。その施設は、その前にいた病院よりも自宅に近かったのですが、そこに姉が移ってからは、私は毎日行くことはなくなってしまいました。だんだんと身体が回復してきたというのもあったし、何より私自身がその時、“かなり疲れていた”ということをとても自覚したからです。「・・・もう、ここで少し、休みたい」と本当にそう思いました。だから毎日通っていたのを、1週間に2回にしました。はじめの頃は、それでも自分を「冷たい人間なんじゃないか」と思ったりしましたが、時間が経つにつれて、「これでいい」と思うようになりました。自分の生活のリズムも、確保することができました。
先日やっと、姉が家に戻ってくることができました。長い8ヶ月間でした。

あまり参考にならない話でごめんなさい。
「自分が一番大事」だと思う瞬間は、誰にだって必ずありますよ。それが“人間”というものです。
でもそれを悔いることができるのも、“人間”なのだと思います。
それを繰り返したっていいのではないでしょうか。
きっと誰もヒナママさんを責めたりしないし、冷たい人間だとも思わないでしょう。(そんなことを思う人間がいたら「わかってねー奴だな!!」って私が嘲笑ってやりますよ!)
だからヒナママさん、自分で自分を責めないでね!(って書きながら、私自身も結構そういうタイプの人間です~_~; だからヒナママさんの気持が伝わってくるんだろうな)

Re: No title

ゆりさんはじめまして~

力説(?)していただいてありがとうございます*^^*

気持ちが楽になりました

> 応援しています。私もシングルママ(3人の)になったばかりでとても不安な毎日を過ごしています。

3人のお子様を抱えて私以上に不安な毎日をすごされてる事と思います…

私もゆりさんを応援させていただきます^^

Re: はじめまして

ceciliaさんはじめまして~

> ずいぶん前からブログを拝見していますが、初めて書き込みさせていただきます。

ありがとうございます!

うれしいやら恥ずかしいやら… ^^;

> 未婚で子供もいない私ですが、車椅子使用者の姉と一緒に暮らしています。ヒナママさんのブログを拝見するきっかけとなったのは、車椅子で出かけられる場所の情報が載っていたからです。その紹介記事がわかりやすく、私たちにとても参考になりました。(やはり実際に車椅子で行動している方が書いたものでないと、こちらが知りたい情報はなかなか得られないのです。ヒナママさんの情報は、まさしく“かゆいところに手が届く”ので、本当にありがたいです!)

そう言っていただけるとすごく嬉しいです~!

私がお出かけ記事を始めたきっかけは、自分がお出かけ情報を集めたくってもなかなか情報がみつけられなかったので、

同じように車椅子の方でも楽しめる場所をどんどん紹介して皆さんも楽しんでくれたらいいな~ と思ったからなんです!

帰ってきて疲れてたりで細かい情報は載せられなかったりはぶいてたりする事もあるので、

もしわかりにくい事やもっと細かい情報について聞きたい事があればいつでも聞いてくださいね♪

> それをきっかけとして、ブログを読ませていただくようになりました。立場は違えど、同じく家族と共に歩む者・・・色々な面で、共感するところが多々あります。

母の立場と妹の立場、立場は違えど同じ車椅子使用の家族を抱えるものとして、
共にがんばっていきましょーね^^

>何より私自身がその時、“かなり疲れていた”ということをとても自覚したからです。「・・・もう、ここで少し、休みたい」と本当にそう思いました。だから毎日通っていたのを、1週間に2回にしました。はじめの頃は、それでも自分を「冷たい人間なんじゃないか」と思ったりしましたが、時間が経つにつれて、「これでいい」と思うようになりました。自分の生活のリズムも、確保することができました。
> 先日やっと、姉が家に戻ってくることができました。長い8ヶ月間でした。

長い闘いでしたね(;;)お疲れ様でした!

そうなんですよ、自分が冷たい人間なんじゃないか、母親として冷たいんじゃないか、と
ものすごく葛藤してるんです、、、

> あまり参考にならない話でごめんなさい。
> 「自分が一番大事」だと思う瞬間は、誰にだって必ずありますよ。それが“人間”というものです。
> でもそれを悔いることができるのも、“人間”なのだと思います。
> それを繰り返したっていいのではないでしょうか。

いえいえ、ものすごく参考になりましたし、

同じように葛藤を抱えてこられた方がいるんだな~ と思うと、なんだか気持ちが楽になりました。

ありがとうございます*^^*

No title

我が子が生まれてすぐ入院になったとき、

患った子供のために、
私たち病院の人は専門職の知識経験を活かして就業時間働くのがお仕事。
お母さんはとにかく体力を回復していつでも受け入れOKにするのがお仕事。
さあ、受け入れOKなら帰れますよというとき、フラリと倒れられるのが一番困ります。帰って食べて寝てください。

と言われました。

一番大切なのは受け入れられる気力体力の回復。
年の瀬に色々省みることはあるけれど、そう思えるだけ体力気力がある今に感謝しつつ、来年も頑張るのが良いと思います。
お互い頑張りましょう。

おおっ!(°д°)どーしたヒナまま?

お気持ち わ~か~る~♪

家に帰ってからヒナちゃんのこと気になってしょうがなかったでしょ?

私も福岡のICUの面会時間が1日のうちたったの30分しか許されていなかったんだけどさ、死にそうな娘を見てられなくて10分もいないうちに面会終了させてたよ。。ピリピリしている雰囲気と苦しんでいるおとめを何もできずに見てるのは耐えられなかったんだわ・・・
ICUってさ独特の空気があるよね、死んじゃう人も多いわけじゃん・・空気が重いっていうか・・なんだかすごく疲れちゃうのよ・・・
疲れてウィークリーマンションに帰ると気になって寝れない・・・普通病棟に移るまで2週間、ほとんど寝ずに過ごしたことがあったわ

大丈夫。。愛情なけりゃそんなこととっくに忘れてるはずだから~。。大丈夫。。ヒナちゃんとヒナままは、どっから見ても相思相愛よ~。

No title

お久しぶりです。
心の葛藤が私も同じだったので、泣きながら読ませてもらいました。

そんなことないよ。ママは頑張った。と私も思うけど、自分はそうは思えないですよね。。。
後悔はあって当然だし、全て完璧というわけにはいかないですよね。でも、子どもが一番しんどい時についていてあげれなかった。と自分を責めてしまうと思います。
↑私もあみのことについては、後悔はたくさんありますし。。。

でも、今、ヒナちゃんはしんどかったことを乗り越えて笑っています。
そばにいてくれています。
ママ、大丈夫だよ。って言ってると思います。

ケアしてくれる人もいないのにほったらかしにしたわけじゃない。「私が一番」で良かったと私は思います。「私を一番」に自分を優先できたヒナままさんを自分で認めて、私も頑張ったもん。と自分で褒めてあげれたらいいなぁ。と思います。

みんなにもヒナままさんが本当にヒナちゃんのことを想ってることは十分すぎるぐらい伝わっています。
もしヒナちゃんに、「寂しかったよ。お母さんなんて大嫌い」って言われても、ごめんねー。って抱きしめてあげたら、ヒナちゃんには十分伝わると思います。
だって、ヒナちゃんはママのこと大好きだもんね^^
人間は後悔できるから成長できるんだと思います。
いっぱい後悔しても、今のヒナちゃんとの生活が幸せなことが全てだと思います♪

初めまして


いつも読み逃げしたましたが、初コメントさせていただこうと思います

私は、ヒナままさん考えすぎだと思います

4時間ずっと気を張り詰めていたなら、心はどこかで休みたいと信号を出していたと思います

ヒナちゃんが高熱を出してしまったのは結果論なんですし

人間なんですから、完璧を求めてしまうと心が悲鳴を上げます

もし、ヒナままさん倒れてしまったら、ヒナちゃんはきっと自分を恨んじゃいますよ

自分が辛い時は、誰かに助けて貰ってもいいと思う

ヒナちゃんが大事な事は文面を読んでいると伝わってきます

ヒナちゃんを大事に思うように、ご自身も大事にしてあげて下さいね

私自身も実母の介護を頑張りすぎて、自分が壊れてしまいそうになったことがあります

母の事も大事だけれども、自分自身の時間を少しでも作って心を開放してあげることが大事なんだと最近気づきました

少しでもいいから、ご自分の時間も作って自分自身も大事にしてくださいね

ヒナちゃんと、ヒナままさんの笑顔がたくさん日常にあふれますように



長文乱文失礼しました

気分を害されたらごめんなさい



No title

しんどい気持ちが残ってしまったのかな。

自分のことで申し訳ないのだけど、私も長男が生まれたあと、生きるのか死ぬのか不明!!ってなっていて、病室で切ったお腹は痛いわ痛いわ、血圧は降下しないわ、気持ちはどろどろ、というときに、産科病棟の看護師さんが「赤ちゃん、見にいけばいいのに。いかないの?」といわれて、「今日はいいです…」って一日だけ行かなかったことがあって、その後、1年くらい、罪悪感いっぱいになって自分を責めたけど、今になってみれば、あああんときは気持ちもパニックでいっぱいいっぱいだったのさ、と思えます。

今、元気に成長しているからそう思えるのかもしれないけれど、あのときの自分はよくがんばった、と認めてあげるっていうか、そのときの自分の映像に(心のね)語りかけてあげてもいいかも。しんどい気持ちを持っている自分は、それだけ子どもが大切だったのさ、と考えてみてはいかがでしょうか~

Re: No title

paruさんこんばんわ

> 一番大切なのは受け入れられる気力体力の回復。
> 年の瀬に色々省みることはあるけれど、そう思えるだけ体力気力がある今に感謝しつつ、来年も頑張るのが良いと思います。
> お互い頑張りましょう。

そうですね、こうやって省みる事が出来る事ができる今に感謝ですね、、、

体力気力を失ってしまったらこうして省みる事もできませんよね

よっしゃ、来年もがんばります!

いつもありがとうございます*^^*

Re: おおっ!(°д°)どーしたヒナまま?

おとめ母さんこんばんわ

> 家に帰ってからヒナちゃんのこと気になってしょうがなかったでしょ?

その日は疲れてバタンキューだったんだけど、次の日朝早くおきてそっこー病院行きましたよお

> 私も福岡のICUの面会時間が1日のうちたったの30分しか許されていなかったんだけどさ、死にそうな娘を見てられなくて10分もいないうちに面会終了させてたよ。。ピリピリしている雰囲気と苦しんでいるおとめを何もできずに見てるのは耐えられなかったんだわ・・・
> ICUってさ独特の空気があるよね、死んじゃう人も多いわけじゃん・・空気が重いっていうか・・なんだかすごく疲れちゃうのよ・・・

やっぱりい(;;)

娘は苦しんでるのに何もできないで見てるってつらいよね、、、

> 大丈夫。。愛情なけりゃそんなこととっくに忘れてるはずだから~。。大丈夫。。ヒナちゃんとヒナままは、どっから見ても相思相愛よ~。

ありがとう…

なんかさ、自分が冷たい母親なんじゃないか、ってずっと思っててさ…

Re: No title

amikaimamaさんこんばんわ

> そんなことないよ。ママは頑張った。と私も思うけど、自分はそうは思えないですよね。。。
> 後悔はあって当然だし、全て完璧というわけにはいかないですよね。でも、子どもが一番しんどい時についていてあげれなかった。と自分を責めてしまうと思います。
> ↑私もあみのことについては、後悔はたくさんありますし。。。

自分の中で、こうしてあげたい、こうしなきゃ、ってのがあって、

そうできなかった自分を許せないっていうか、、、

私の中では、あの状況でヒナを一人病室に残して帰るなんてありえないんです… (今思うとありえないんです)

amikamiママさんがamiちゃんにこうしてあげたかった、あれをやってあげたかった、っていう気持ちもよくわかります(;;)

> でも、今、ヒナちゃんはしんどかったことを乗り越えて笑っています。
> そばにいてくれています。
> ママ、大丈夫だよ。って言ってると思います。

ヒナが笑っててくれる事だけが救いです…><

> 人間は後悔できるから成長できるんだと思います。

深いお言葉ありがとう><

そうですよね、後悔さえできないようになったら終わりなのかも、、、


Re: 初めまして

雪乃さんはじめまして!

> 私は、ヒナままさん考えすぎだと思います

ハイ… 実はけっこう考えこむタイプでして… ><

> 人間なんですから、完璧を求めてしまうと心が悲鳴を上げます
>
> もし、ヒナままさん倒れてしまったら、ヒナちゃんはきっと自分を恨んじゃいますよ
>
> 自分が辛い時は、誰かに助けて貰ってもいいと思う

私の中で、ヒナをひとりで育てていくには相当の覚悟があったはずなのに…と、自分を許せないんです…><


> 私自身も実母の介護を頑張りすぎて、自分が壊れてしまいそうになったことがあります
>
> 母の事も大事だけれども、自分自身の時間を少しでも作って心を開放してあげることが大事なんだと最近気づきました
>
> 少しでもいいから、ご自分の時間も作って自分自身も大事にしてくださいね


どこへ行くにも何をするにもヒナと一緒にやってきたので、

それが当たり前に思えてたんですよね、

楽しい時も苦しい時も同じ気持ちでいるのが当たり前と思ってて、、、

だから、ヒナを病室において自分が家に帰った事がなんだか許せなくって… ><


おっしゃるとおり、自分の時間、というか、ヒナから私も親離れ?する時間も必要なのかもですね、、、

>> ヒナちゃんと、ヒナままさんの笑顔がたくさん日常にあふれますように


同じく介護をする者同士、同じような気持ちや葛藤が多い事かと思います、

お互い子供やお母様をたくさんの笑顔にできるように日々すごせるといいですね*^^*

Re: No title

けろちゃんさんこんばんわ

> 自分のことで申し訳ないのだけど、私も長男が生まれたあと、生きるのか死ぬのか不明!!ってなっていて、病室で切ったお腹は痛いわ痛いわ、血圧は降下しないわ、気持ちはどろどろ、というときに、産科病棟の看護師さんが「赤ちゃん、見にいけばいいのに。いかないの?」といわれて、「今日はいいです…」って一日だけ行かなかったことがあって、その後、1年くらい、罪悪感いっぱいになって自分を責めたけど、今になってみれば、あああんときは気持ちもパニックでいっぱいいっぱいだったのさ、と思えます。

ケロチャンさんにもそんな事があったんですね、、、><

あの罪悪感、なんなんでしょうね、、、

> 今、元気に成長しているからそう思えるのかもしれないけれど、あのときの自分はよくがんばった、と認めてあげるっていうか、そのときの自分の映像に(心のね)語りかけてあげてもいいかも。しんどい気持ちを持っている自分は、それだけ子どもが大切だったのさ、と考えてみてはいかがでしょうか~

もっとポジティブに考えないとだめですよね…><

子供の事を大切に思うからしんどくなる、おっしゃるとおりかもですね、

しんどい気持ちの自分も子供の事を大切に思ってるからなんだ、って認めてあげればいいんですよね!

あなたはそれでも母親ですか?

って言う、でしゃばりドアホ野郎からコメが来てるかと思ったら来てませんね。
ちょっとがっかり・・(笑)

正論が皆さんからもう出てるので
年増女の私からは一言だけ。

済んでしまったことを振り返って後悔してもしゃあない。
自分が至らないと思ったら
これから至るようにすればいいんですよ。
それだけ!(^^)!

追記
私も未だに育児や介護の頃を思い出しで「ああすればよかった」と思うことが山盛りあります。でも、その頃に戻れないので絶対解決しないんですよね・・。だから、後ろを見ないことにしています☆


No title

ひなままさん大丈夫?
ひなままさんらしくないね。。。。
たまにはそういうふうに考えちゃう事もあるし、誰だって完璧な母親なんていないんだからあまり思いつめないで。。。
ひなままさんは一人でほんとによくやってるよ!
みんなわかってるよ!もちろんひなちゃんも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あなたはそれでも母親ですか?

三毛猫さんこんばんわ~

> って言う、でしゃばりドアホ野郎からコメが来てるかと思ったら来てませんね。
> ちょっとがっかり・・(笑)

残念ながらおこしいただいてないようです 笑

> 私も未だに育児や介護の頃を思い出しで「ああすればよかった」と思うことが山盛りあります。でも、その頃に戻れないので絶対解決しないんですよね・・。だから、後ろを見ないことにしています☆

ああすればよかった、こうしてあげればよかった、と後悔だらけの私です><

でも確かに戻れないし、後ろをみても仕方ありませんよね、、、><

Re: No title

michanこんばんわ~

> たまにはそういうふうに考えちゃう事もあるし、誰だって完璧な母親なんていないんだからあまり思いつめないで。。。
> ひなままさんは一人でほんとによくやってるよ!
> みんなわかってるよ!もちろんひなちゃんも。

時々ね。ふと、いろいろ思い返しちゃうんだ、、、

ヒナをひとりで育てていくと決めた時に、いろんな決意があったからさ。

それができてない自分にがっかりというか…

いつも本当にありがとう*^^*

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ヒナまま

Author:ヒナまま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。